プリント方法について(白Tシャツベース)

プリント方法は、従来の熱転写のように顔料を糊で固着させるのではなく、染料インクを染着するので、生地の風合いを損なうことがありません。
通常のコピー転写や顔料系インクでのプリントと違い、バリバリ感がなく生地の風合いを 損なうことなく、プリントが剥がれたり色落ちすることもありません。

従来の熱転写では、顔料を糊で固着させる。
バリバリ感があり、プリントが剥がれ落ちる。
染料インクは染着するので、バリバリ感がなく生地の風合いを 損なうことがない。
プリントが剥がれたり色落ちすることがない。

プリント方法について(カラーTシャツ スクリーンプリント)

シルクスクリーンプリントは通常一般的にTシャツのプリントに使用されている印刷方法です。プリント台にセットしたT-シャツの上に版を置き、インクをスキージーというもので刷込みます。
プリントは生地にインクを乗せていくので生地の上に厚みが出ます。

『ひとふでや』では通常濃色生地のボディーに対しては1色印刷とさせて頂いております。2色以上の場合は別途お見積もりさせて頂きます。

プリント方法について(カラーTシャツ 抜染プリント)

抜染プリントは生地に染色されている染料を薬品を使って色を抜くというプリント方法です。
生地の色を抜きますのでプリントに厚みは出ません。

プリント色は1色となります。
色を抜いた部分は白色ではなく、もともとの生地の色(生成り色:ややグレーがかったベージュ色)となります。
生地の色によっては色の抜け方に差がありますので、文字部分がやや濃くなる場合がございます。